RSS
 

正しい着け方

ブラジャーの正しい着け方

  • 1

    ストラップを腕にとおし、両肩にかけます。
  • 2

    前かがみになりブラジャーの下側を持ちながらバストをカップにおさめてホックをとめます。
  • 3

    前かがみのまま左手で左ストラップの付け根を少し浮かせます。右手で左脇やアンダーに流れたバストを右肩方向に引き寄せカップの中にバストをおさめます。
  • 4

    トップがぴったり合うように形を整えます。右のバストも3.4の動作をくりかえし行ないます。
  • 5

    体を起こして指1本分の余裕があるくらいにストラップの長さを調節。ストラップの付け根を動かさず、少し引き上げる感じにしましょう。
    ※後ろにアジャスターがある場合は面倒でも一度、ブラジャーをはずして調節しましょう。後ホックの位置が肩甲骨の下にくるように調節。体を曲げたり動かしたりして、フィットしているかどうか確認しましょう。

  • チェックポイント

ブラジャーを正しく着けられたかどうか6つのポイントをチェックしてみましょう。

ガードルの正しい着け方

ガードルはゆっくり、丁寧に着けます。ガードルによるボディメイク効果を高めるためにも、ヒップがガードルの中にきちんとおさまっていることが大切です。 はく時に、爪を立てたり、強く引っ張ったりすると、素材を傷めてしまうので注意してください。

  • 1

    ガードルを、半分くらい外側に折り返すか、半分くらい大きくつかむようにして、両手で持つ。
  • 2

    そのまま両足を入れて、ゆっくりとウエストまで引き上げる。
    前後を持って、中心を合わせながら、さらに引き上げ、ウエスト部分を整える。
  • 3

    ガードルのもものつけ根部分に手を入れて、くい込まないように裾を上へ引き上げる。
  • 4

    後ろからガードルの中に手を入れ、ヒップを持ちながら、きちんとガードルの中におさめて位置を整える。
  • 5

    最後に、裾とウエスト部分を整える。
    ※ロング丈の場合は、2で太もも近くまで引き上げたら、片足ずつ、もものつけ根まで引き上げる。
  • チェックの仕方
  • 洋服のシルエットにマッチしたタイプか、ガードルのラインがひびいていないかも大切です。ロング丈の場合は、屈伸するなどして、裾がめくれたり、ずり上がったりしないか確かめてください。

ボディシェイパーの正しい着け方

  • 1

    下からはいて、ウエストラインまで上げます。
    お手持ちのブラと合わせて着用ください。
  • 2

    腕をとおします。
  • 3

    背中からしっかりバストの丸みにそってボディメイクをします。

ウエストニッパーの正しい着け方

  • 1

    下から順番に留めます。
    ホックがない場合、下から着用ください。
  • 2

    ウエストニッパーを外側に半分に折り、前方の下と後ろの下を持ってクルッと回し中心を合わせます。
  • 3

    中心が合っているのを確認したら、胃まわりのお肉をすくい上げるように再度バストのボディメイクをします。